春休み中の出来事。その1_松月氷室訪問

4月となり東京では桜も満開となりいよいよ春爛漫な雰囲気ですね!
皆さまお元気ですか?

私たちは3月中旬から2週間、遅い(遅すぎる)お正月休みをいただき、みんなで氷室を留守にして千葉県の実家に帰っておりました。(そうです。もともとは山梨県民ではなく、千葉に住み東京を活動拠点としていた都会人なのであった!!!!)

その2週間の間、お休みといってもたまりにたまった東京方面などのお仕事と久しぶりに会う旧友たちやお世話になった方へのご挨拶などで、結局代わり映えのしない氷おじさんの顔をほぼ毎日見ていたような。。。(これは休みといっていいのか?ひどい会社だ!訴えてやる!)

ではでは、本日はそんなお休み中のトピックをっ!

なんといっても一番のトピックはあの松月氷室さんを訪問させていただいたことでしょう!
松月氷室さんといえば、創業明治27年という日光の伝統ある天然氷の蔵元さんで、天然氷のかき氷好きの方で知らない人はいないという大御所です。
そして、ちょっとブログでは辛辣な意見を憚りなく歯に衣着せずお書きになるのでこわ~~い印象なのですが(笑)、ひよっこ氷室の八義にいろいろアドバイスをしてくださるありがたい先輩です。(中の人は笑顔の可愛い優しいオジサマ。笑)

東京から2時間ちょっと。車を走らせて日光へ。さすが日光。景色もきれいです。日光といえば小学校の修学旅行で東照宮にいって硫黄の温泉にはいって温泉卵をたべたなぁ~。
そんな風光明美な日光の今市駅のすぐ近くに松月氷室はあります。駅から近いっていうのはとってもいいですね。うらやますぃ。

じゃじゃーん。(お店の写真を外から撮影するのをうっかりしてしまったので、お写真はこちらのサイトさんからの借り物です。)
090626_shogetsu1s

そして早速、こちらの名物かき氷の中でも春限定のスペシャルバージョン、いちご大仏(!?)かき氷をご馳走になりました。
これです!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_1802

すごっ!本当に大仏だ!ふわっふわに削られた氷の上に、さらにふわふわのフロマージュクリームをトロッと乗せて、さらにさらにこれでもかっ!と生イチゴが突き刺さっています!衝撃です!
うれしいことに、生イチゴのソースは別添えでお好みでかけながら食べられます。

もちろん、中にもたっぷりイチゴ!これ、本当においしいです。すご~~~くおいしいです。
八義のかき氷やさんにも、フレッシュチーズのマスカルポーネ練乳がありますが、こんな風に生クリームみたいになっていても楽しいですね!今年の夏はとろとろクリームにも挑戦してみようって思いました。
しかも、このかき氷いくらだと思います?なんと700円なんですって!やっすーい!
これは絶対食べなきゃダメなやつてすよ!奥さん!
松月氷室の社長、まささんのお考えで、お客様に少しでも安く提供するために、仕入れも徹底して低価格のものや、農家さんのハネダシ品を仕入れてきているんですって!
練乳なども激安でどこかから仕入れているとのこと。素晴らしいです!

とことん味とお値段にこだわるお店、手作りや国産・無添加にこだわるお店、高級志向の一級品にこだわるお店。それぞれにかき氷店にはそのお店の特徴がありますね。ぞれぞれの店主さんがそれぞれのお考えでお客様に喜んでいただけると思って、その道を行っているのだったら、わたしはどれが正解ということはないと思っています。それぞれのお店の特徴やお値段や味をお客様自身のお考えで好きかどうかを判断してくださればいいのだと思っています。
かくいう、私たちのかき氷店も、フルーツだったら安くておいしい地元農家さんの季節の果物とフレッシュさ、八ヶ岳の牛乳や材料を使った手作りや無添加、トッピングは無料!といったことにできるだけ近づけてやってきましたが、だんだんお店が混んできてお客様が増えてくると、その仕込みにかかる時間だったり手間だったりが追い付かず、一日に販売できるかき氷の数も限定されてしまうというジレンマに陥っています。悩みどころですよね。

そしてお昼ご飯に、川床のお料理をご馳走になりました。すごい豪華!でっかいウナギが串にささっています!すごくおいしい!
IMG_1809

このウナギは炭でじっくり焼いているんですよ!暖かい時期だったら、川床のテーブルで流れを見ながらいただくのも素敵ですね!ごちそうさまでした!

おいしいご飯も頂いて、早速池や蔵を見せていただきました。

風情があります。やっぱり伝統ある氷池は風格が違いますね。IMG_1814

池、ひろーーーーーーーーい!私たちのコンクリート底の池と違って日光では池の底は土なんだそうです。そうですよね。伝統ある池はむか~~しからありますから、本来氷池の底は土であって、この土が氷が膨張する圧を吸収してくれたりするのだそうです。
人員不足の八義の切り出しでは苦肉の策のやっつけで、池の中に入って氷を引き上げていますが、なるほど、土の池では中に入るなんて言語道断ですよね。まささんが、池に棒を突っ込んで底を軽くかき混ぜて見せてくれました。

氷室の中は整然と美しく氷板が並んでいます。さすがっ!プロの仕事!
そして、重機や道具までひとつひとつ説明付きで見せてくれて、わたしと氷おじさんは「ウンウン」と感心してうなずくばかり!


曲がりはしごや氷鍵の棒、罫付けの道具なんかも全部見せていただいちゃいました。
これで、来年は水に入らなくて大丈夫かもっ!(なにしろ水中かかりのとっくんが今年で大学を卒業して就職してしまうので、来年の切り出しにはいませんから犠牲になる人がいません。。。笑)

重くてしょうがない弊社の氷カッターも、元祖開発元のまささんに聞けば問題がすぐにわかりました。どうやら重心が悪いみたいです。なにしろ見様見真似で「とにかく切れれば!」と作っていますからダメですよね。笑 こちらも来年にはすこしは改善されるでしょう。(予算の関係で作り直すのはムリ!だけど、「こうしたらいいよ」とアドバイスいただいたので応急措置で対応できそう!)

本当に有意義な一日でした。
八義もできるところから少しずつ前進して、頑張らなきゃいけませんね!
IMG_1806

まささん、ありがとうございます!

IMG_1807

貴重な日光松月さんの天然氷と、参考にと販売グッズ、それに、松月前掛けに今は手に入らない氷屋専用手鍵をお土産にいただいちゃいました!IMG_1971

すごく勉強になりました。さぁ。ますますやる気が出てきたぞぅ~~~!!

そうそう。今度はまささんが弊社に来てくださるとお約束したのですが、早速昨日(4/4)お越しくださいました!ブログの更新が遅れていますが、こちらも後日アップいたしますね!

 

 

 

 

広告

春休み中の出来事。その1_松月氷室訪問」への1件のフィードバック

  1. 氷室(冷凍庫)から作業場まで氷を1枚1枚抱えて運ぶのは余りにも非効率的です。雨が降ったら作業にならないし、炎天下の夏に入口のシャッターを開けっ放しで運ぶことにもなるでしょう。渡り廊下(自作すのこで十分)を設置して屋根(簡単なオーニング屋根で十分)を掛けるか安い折り畳みのテント(2.5×2.5m)で5000円位で買える)を設置するだけで陽射しと雨を防ぐことが出来ます。
    お持ちの手カギは長すぎて使い物になりません。短く切ってしまって例えば一輪車や自転車のグリップをホームセンターで買って来て握り部分に差し込めば使いやすい手カギに改造することが出来ます。

    氷を1個1個に裁断してからおが屑を流しで洗うのは非効率的で裁断の際おが屑が飛び散って衛生的(掃除がタイヘン)にも問題がありそうです。先に述べた氷室から作業場への途中に洗い場を設けて外で大判の状態で洗ってしまうのがベストです。
    しかし冷凍庫から出してすぐ水を掛けるとヒビが入ってしまったり割れてしまう可能性があるので注意する必要があります。
    そしてその氷は作業場奥の冷蔵庫に当面仕込みする枚数を入れておきます。
    出荷用の籠に入れ一次冷却した氷は出荷用の段ボール箱に梱包して外の冷凍庫に順次格納します。

    氷室から出したらすぐおが屑を洗い流すのが基本です。
    その意味でもおが屑使用と割れやすい冷凍保存は相反する矛盾した理に叶っていない使い方です。
    おが屑は使わない方式に切り替えるべきです。

    その為には氷室(?)の壁に冷気の通り道になる隙間を作ってやらなければなりません。
    現在のスタイロフォームむき出しではダメです。
    垂木を一定間隔に打ちつけ貫を氷が当たる上下2か所に横張りしてやるだけで隙間は確保できます。
    床は土間におが屑を敷設しただけにみえました。
    地熱は馬鹿に出来ず下から氷をどんどん融かしていってしまいます。
    でも乾燥したおが屑では正確な水平床を維持することは非常に困難です。
    まずは基礎が水平でかつ断熱に優れさらには氷の重量にも耐え、当然氷の滑りも円滑な床を考えるべきです。
    そうなってくるとモルタルを最低でも10cm敷設+プレハブ冷凍庫に使われる樹脂製床材がベストな選択ということになります。
    ※電気設備を使わない氷室の場合は水が浸透出来るよう土間+枕木設置+おが屑敷設になります

    また入口の幅が広いので電動の狭幅フォークリフトが十分入れそうです
    天井が高いのもまだまだ氷を入れられる空間として遊ばせ過ぎています。
    その為にも正確で頑丈な水平床がどうしても欲しい。あの床では仮に6段7段積める空間があろうとも実際には危な過ぎて積めません。4段でも危ない感じがしました。

    カッターの重さ解消の間に合わせ対策としてはゴムやスプリングのけん引力を使う方法がありますが、やはり水没などでエンジンストップした場合を想定するとスペアのカッターが欲しいところです。切り出し真っ最中にカッターが使えない事態は取り返しのつかない作業時間のロスになります。今の機械はいざという時のスペアくらいに考えてもう1機、シーソー式のカッターをお持ちになった方が後々絶対に有利になるはずです。

    御社を訪問させていただき私が感じたことは以上になります。
    まだ切り出した氷の氷室への移動方法など言いたいことは山ほどありますが今日はこのくらいで(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中