kiridasi201502

南アルプス・八ヶ岳の天然氷

111_b

天然氷とは厳冬に自然の寒さだけで、じっくりと時間をかけて作った氷のこと。水は時間をかけてゆっくり凍らせると、不純物を含まない純度の高い氷になります。こうやって作る天然氷というのは、気泡もない透明な氷になります。

天然氷は、冬場に作った氷を「氷室(ひむろ)」に貯蔵し夏を待ちます。昭和初期には、全国に100軒近くの氷室がありましたが、現在残るのは5軒のみ。主に日光市が有名です。しかし、温暖化や地域によっては放射能の問題で年々生産が困難になっており、非常に希少性が高くなっています。

私たちが普段口にしている冷凍庫で凍らせた氷とは、くらべものにならない味とふわふわの食感は驚きです。
そんな天然氷を、名水と名高い地元八ヶ岳の湧水で丹精込めて、丁寧に時間をかけて作り上げました。

弊社は八ヶ岳の大自然の力を利用して『天然氷』を製造する製氷業として昨年設立いたしました。
天然氷と言えば、これまで日本に5件しか製造者がなく、特に日光が有名で最近は大変話題になっております。

私たちは、湧水が豊富で名水と言われる八ヶ岳麓の山梨県北杜市で少雨寒冷な気候を利用し、より美味しく皆様にご満足いただける天然氷を作りたいと、日夜励んでおります。

みず水のおいしさは硬度によって決まります。硬度とは水の中に含まれるミネラルのうち、カルシウムとマグネシウムが含まれる量を示すものです。硬度が低いほど口当たり
が良くて癖のない、美味しい水となります。
弊社の水は敷地内の80M程の井戸から汲み出しています。八ヶ岳南麓のこの地区は名水百選「八ヶ岳南麓高原湧水群」と言われ、「三分一湧水」「大滝湧水」など多くの湧水があり、日本一の名水の里といわれています。

そして氷の美味しさは、ゆっくりと時間をかけて凍らせていくことにあります。天然氷はマイナス5度前後の気温の中、およそ2週間をかけて15cm程の厚さまで凍らせます。その間、雨が降れば最初からやり直しになりますし、雪が降れば、止むまで日夜を問わず雪かきをします。毎日氷の手入れを丁寧にして時間をかけることで、氷が出来上がっていく過程で氷自身が不純物を押し出しながら非常に硬い結晶となっていきます。
ですから、冷凍庫で作った氷と違い、天然氷は空気も不純物も全く含まず非常に透明で、まるでダイヤモンドのように綺麗な氷が出来上がるのです。

天然氷は非常に溶けにくく、お酒の水割りやアイスコーヒーなどにも最適で、飲み物本来の味を引き出します。また、結晶が非常に硬いのでかき氷機で非常に薄くフワフワに削ることができます。今までのかき氷とは違う口の中でふわりと解ける食感は、一度食べたら忘れられない美味しさです。

水質検査

名水と呼ばれる八義敷地内の水質検査結果