雪かきで始まった2015年。明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
昨年は「はくしゅう道の駅」でのかき氷店でのお客様をはじめ、お取引企業様やその関係者の方など、多くの方に応援していただき、本当に感謝しております。皆様旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
ここ八ヶ岳南麓での八義の天然氷作りも2年目となりました。ますます精進してまいりますので今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、年末年始といえども私たち天然氷の蔵元はまさに氷作りの真っ最中。お休みはありません。
とはいえ、大晦日や元旦くらいはすこ~しだけお正月気分になりたいなぁなどと思っていたのですが、、、、

山の木立が高すぎるせいで地デジが入らず「紅白」も「ゆく年くる年」もバラエティーも見ることができない氷室で、気分だけでもと年越しそばを食べていたら、無情にも降ってきました!!ゆ、雪が!!!まぁ天気予報では雨か雪と言っていたので、雨よりは良いのですけれども、、、、、。

20150101_01

時計の時刻が12時をまわって日本中が新年を迎えたころ、手袋2枚重ね&長靴&完全防寒着の戦闘服に着替え、氷を雪から守るべく雪かきへと向かったのでした。そう。私は天然氷戦士!負けてなるものか!!!

IMG_9085

雪自体は2時ごろには止んでくれて、空には満天の星。たまに八ヶ岳の向こうから風にのってやってきた流れ雪がひらひら舞う程度。気温もマイナス5度を超えていますので、雪はさらっさらだし、氷もしっかりと締まっています。こうやって文章にするとなんだか星空に舞う雪なんて素敵なんですが、おっさんと延々と雪かきですよ。女子的(おばさんなので女子ではないが。)には最悪です。笑
そしてサラサラの雪といえども、ひろ~い池の雪を箒で掃くのは、とてもとても重いのでした。あぁまた筋肉が鍛えられてしまった。

途中10分程度の休憩を何度かとりながら、二つの池がきれいに掃除できたのはすっかり朝。なんと6時になっていました!あぁ元旦なのに!!!

IMG_9088

でも、きれいに雪かきされた池の氷を白みつつある空の下で眺めれ、なんともいえない達成感!今日も頑張りました!天然氷を守りましたぜ!おやぶん!

さぁ。こんな29日から日も浅いというのに今季2度目の徹夜仕事を終え、軽くナチュラルハイ状態でブログを更新していますが、そろそろ眠くなってきました。これから少し寝て、起きたらお雑煮くらいは食べたいなぁと思っています。だれか作って。。。。。

 

今年も「徹夜で雪かき」の洗礼を・・・

お       12月28日。日曜日。世間では年末ムード満載の暮れの忙しい中。。。

私たちはいつもどおり昼間の仕事を終え、いつもどおりお夕飯(晩酌)を食べながらも、心の中ではそわそわしていました。
と、いうのも天気予報ではこの日の夜10:00ごろから明日29日の日中までずっと雪か雨。
そう、心の準備はできていたのです。できていたのですが!!!!!!

かるく5人前はあるだろうと思われる量の夕飯を平らげた後だというのに、「なんかチョコが食べたい」とかぬかす輩がいるので
それに便乗してデザートをゲットしようと目論んだ私は、氷おじさんの財布を持って軽トラで近くのセブンイレブンへ行くことにしました。
氷室からセブンイレブンはほんの5分くらいの距離なのですが、
セブンイレブンでデザートは「クリーム白玉ぜんざい」にするか、「ガトーショコラ」にするか、それとも新発売の生クリームのドームに入ったいちごムースのケーキの「新春かまくら」にするか10分くらい悩んでいるうちに早くも雪が降ってきました!!!それも結構な降り方!千葉県にいるとあまり想像つかないのですが、こちらでは地面が冷えていますので降りはじめから本当にあっという間にどんどんどんどん積もってきます。
あせって、結局デザートは決められず3種類とも買うことにしてあわてて氷室に戻ることに。もう帰り道はふぶく雪で目の前真っ白、道路も真っ白、山道はツルツル!軽トラの運転超怖くってずっと2速でのろのろと超安全運転で(車の運転が信じられないほど下手なので)帰りました。

氷室につくとおじさんとお兄さんはのんきにテレビを見ています。おい!!!雪だぞ~~~~~!!!!

と、言うわけで予定よりも早く28日夜9時から雪との戦いが始まったのでした!!!!!

本当に掻いても掻いても降り続ける雪。でも気温はマイナス1度から0度。この気温だともしかしたら雨になってしまう。これだけの本降りで雨になってしまったら氷はだめになってしまいます。どうか、雨にはならないで~~~><と祈りながらひたすら雪かき。
心の中では天気予報に反して止まないかな~などという淡い期待も抱きながら。

雪は若干湿り気のある重めの雪。これがサラサラした乾いた雪ならばすこし放っておいても大丈夫なのですが、こうした雪だと湿り気が多いのですぐにどかさなければなりません。しかも雪の量がおおいので、竹ぼうきでは追いつかず雪かきスコップでの作業です。

20121228_03 20121228_02

ちょくちょく休憩を入れながら、結局朝の10時まで雪カキでした。。。。

そして29日の朝、天気予報では雪は雨に変わるとのここと。ものすごく心配したのですが、本当にラッキーなことに雨に変わるころにはこのあたりの雨雲は移動してくれたみたいです。
若干上がり際の10時ごろ「みぞれ」になりましたけれど、池は雪かきが間に合いました!!!
天然氷は大池も小池も無事です!!!!私的には完ぺきな出来栄え!!達成感があります。

がんばってよかった~~~~!!本当に大変だったけれど、がんばってよかったよーーーーーーーー!!!

20121228_06 20121228_07

29日のお昼にはすっかりお天気もよくなってお日様がでてきました。昨日から全く寝ていないのにもかかわらず、妙に目がさえてしまって。たぶん興奮状態??かといってもう仕事をする元気もないので、年末でスーパーマーケットの野菜がやたら高くて頭にくるので南清里の道の駅に産直のお野菜を仕入れに行ってきました。あまりお天気がよくて気分もいいのでドライブを兼ねてぐるーっと遠回りで。もう完全にナチュラルハイ。笑

結局この日、昼寝をすることもなく普通にお夕飯たべて晩酌してテレビを見てお風呂に入って、就寝したのが夜12時ごろ。36時間くらい起きて活動、そのうち12時間は雪かきをしていたことになります。

「まだまだ行けるもんだね。うむ。」と年寄同士おじさんとおばさんで自己満足(笑)。まぁ、去年の大雪を思えば大したことじゃありません!
それになにより氷を守れたことが本当によかったです。

まずは一つの山を越えましたぞ!!もうすぐ切り出し。それまで、きっとまだまだ山はあのでしょうけれどもね。。。。

実家千葉県に一時帰還!忘れていた日常にハッとする!

只今、わたくしの実家のある千葉県は流山市に終電で帰還いたしました!
帰ってくるとき、普通電車と鹿が接触したせいで普通電車は1時間半、特急あずさも若干の遅れがでていて、小淵沢で特急あずさを待っているときは凍えて死ぬかとおもったけれど、さすがにこっちはあったかいです!

今日は日中、やっと氷の上に乗れるようになったので、氷のお掃除やらいろいろ片付けをして、お夕飯を食べてからあっちを出たので、もう面倒くさくなって、氷の作業着のまま、お財布を持っただけで帰ってきちゃった。
よく見るとなんだか泥んこやら大鋸屑やらがついていたりして、良い年してノーメイクで髪もボサボサ。
特急を降りたあたりから急にある意味目立ってました。笑

武蔵野線の中ですら浮きまくりで本格的にやばい。氷生活が続くと、身だしなみとかいろんなことを忘れてしまいますな。それに世間ではクリスマスムード満載なんですね。笑

嗚呼。なんと反世俗的な生活を送っていることよと思うことにしよう。。。。いや。ロックだと思うことにするか?笑

いよいよ氷に乗れるようになりました!

天然氷の掃除

天然氷が張りはじめて3日目の朝。大池の氷の厚さは3~4センチくらいでしょうか?
いよいよ、氷の上に乗ることができるようになりましたので、毎日のお掃除が始まります。

乗れるといっても、5センチくらいの厚さまでは八義では私以外のメンバーは乗ることができません。
と言うのも、私以外は氷おじさんをはじめみんな重量級(言い換えればデブ)だから。笑
彼らうっかり勇み足で氷にのってしまうと、たちどころにミシミシっと大切な天然氷に罅割れが起こります!!

みんなが乗れるようになるまではあと数日、氷が成長するのを待たなければなりません。
ですから、これからしばらくは私が神!みんな私には逆らえません。ふーっふっふっふ。

天然氷のお掃除は、毎朝できるだけ寒いうちに(暖かい日中は氷が緩みがちで乗ることができません。)、細かく雪状に砕いた氷を、天然氷の上に撒き、竹ぼうきで丁寧にお掃除をしていきます。
大池だと広いので一人で3時間くらいかかってしまって、重労働です。そして、なかなかインナーマッスルが鍛えられます。去年はこれのおかげで体脂肪率が男並み13%まで絞られて、危うく「おばさん」から「おじさん」に変身してしまうところでした。(大泣)

天然氷初乗り

さてさて、初乗りした今年の一発目の天然氷ですが。とてもきれいです!いつもいつも、一番最初に天然氷の上に乗るときは感動しちゃいます。これは、私だけの専売特許!

洗った長靴で乗っていますが、出荷の時には表面は削って捨ててしまうので、心配しないでね!

(山の日常おばさん編)

やっと寒くなってきました。

12月も気が付けば中旬。ようやく氷池の修理も終わり掃除も一段落。
いよいよ明日から水を溜めはじめます。
天然氷池
ニュースでは各地で今年一の大寒波来襲と言っていますが、ここ北杜市では夜でもマイナス3度くらい。
この辺はなんだかそんなに特別寒いというわけでもないみたいです。
毎晩、外の温度計を見に行くのがすっかり習慣になってしまいました。笑

天然氷のことを考えれば「あまり寒くないなぁ~」などと言っていますが、
千葉県民の私にとって、マイナス3度は生活するにはそれはそれは寒いのですけれどもね!
ここでの生活では薪ストーブが必須!
天気の良い日は朝起きたらまず大量の薪割りから始まります。(これは男の仕事ですな。)
戸口横のラックにい~っぱい薪をつんでも、寒がりな私がいると3日でなくなっちゃうのだから大変ですよ。
それに薪ってひそかに買うと高いから、去年伐採した木の丸太をひたすら薪割り。節約のために頑張ってね。おっさん。

天然氷おじさんの薪割り 薪3日分

そして薪ストーブクッキングが密かな私のブーム。
毎日なんらかのお鍋をコトコトかけておくだけで、仕事中に何品かおかずができちゃうという、なんというステキグッズ。
ガスではなかなか長時間つきっきりで火にかけられないシチューなんかも余裕だぜぃ。安っい脛肉や牛筋も余裕のよっちゃん(死語)でトロットロ~!

やっすい脛肉のビーフシチュー
部屋中にいい匂いが漂って、なんだか3割増しで美味しく感じてしまうわ!
理由をつけて仕事をさぼり(笑)、燻製とかピザとか焼き芋やら手作りパンとかもやってやるぜと画策中。
密かに家から南部鉄のフライパンやら天然酵母(!?)やら持ってきているのだった。ふふふ。
ま。同居人の方々は私の実験にいろいろつき合わされて、失敗作も食べる羽目にあいますからお気の毒ですけれどもね。

そんなこんなの山の日常です。
まだまだ余裕です。笑

(天然氷おばさん)